絶対に志望校に合格させて上げるためやるべきこと

現在と過去

学習塾における歴史と変遷について

学習塾は大学生や高校生だけでなく小学生の対象のものから、早くは幼稚園生なども利用できる塾があります。一般的な家庭の人なら誰でも利用できる時代となっています。学習塾も昔は、貴族階級の身分の子供だけが貴族としての知識や教養を養うために存在していました。戦乱の世では教育はあまり重視されていませんでした。日本では戦後に受験戦争が盛んになった頃から学習塾が盛んになっています。今では学校の授業の補足的な位置づけで、成績アップのために気軽に通えるようになっています。学習塾は集団授業タイプのものだけでなく個別指導タイプのものが人気になっており、フランチャイズ契約で教育者の資格がなくても短期間や低コストで開業できるようになったことも、個別指導タイプの教室が流行している理由です。

学習塾の今後の動向予測について

学習塾はチェーン展開されて全国の駅前などに数多く出店されています。駅前にあるので近隣に住んでいなくても電車が容易に通うことができます。授業料も集団授業タイプのものより安く設定されているので利用しやすくなっています。また、家庭教師を雇う料金に比べても、個別指導塾の方が料金が安く済みます。多くの会社が塾の経営を始めており、価格競争も始まっています。これからの学習塾は気軽に教育を受けられるだけでなく教育の質や指導方法の充実が求められています。子供にとっては勉強の成績が上がること以外にも先生と楽しくコミュニケーションをとりながら勉強することが大切です。子供に勉強のモチベーションを維持させながら楽しく学べる場を提供することが重要です。