絶対に志望校に合格させて上げるためやるべきこと

今後の予測

予備校で学ぶことの今後

受験生はまず、自分にあった勉強法を選ぶことが重要です。独学で学習していたほうが効率的だと感じる場合には予備校に通う必要はありません。しかしながら多くの場合、予備校などに通ったほうが効率的に学習することができます。予備校では、受験に関するノウハウを多く持っています。そのノウハウをもらえるだけでも予備校に通う価値があります。特に、英語は本番では失敗のできない科目です。ですから、英語が得意な予備校に通うことで他の受験生に差をつけることができます。1つの科目だけを選択して授業を受けることが可能となりますので、自分の苦手科目だけを選択するという方法もあります。これからの予備校は科目選択のコースが充実していくのです。

気をつけるべきことについて

受験生は予備校に通うことだけで安心してしまいがちです。授業を受けていれば勉強をしている気になるからです。しかしながらそれだけでは報告することができません。予習や復習が非常に重要になってくるのです。英語の授業を受けるだけで英語が得意になるわけではありません。予備校だけでなく、自宅や学校でもきちんと英語を学習する必要があるのです。予備校を十分に活用するためには、授業を受けるだけでなくその授業内容を見につけるための努力が求められています。授業で聞いた先生の話を振り返りながら復讐をすると効果的です。英語であれば、授業で学んだ単語や構文を口に出して発音してみてください。授業を再現できるまで繰り返すことによって授業内容を身につけることができます。